アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
弦楽器クレール
ブログ紹介
1992年に大阪府池田市の阪急石橋駅前の商店街内で創業した弦楽器店の妻が書いています。今は静かなマンションの一室で、ヴァイオリン教室を併設し、営業しています。
ホームページアドレスはhttp://clairmusique.wix.com/clairviolon

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
使い分け
使い分け  我が家にある紅茶たちです。右から(日○紅茶)(○リアージュ・○レール)(○プトン)「なかなかリッチな生活をしておられる」なんて声がどこからか聞こえてくるようですが・・・誤解されませんように!私たちが、いつも飲むのは右側だけです。他の2つは特別な日(お誕生日・記念日)やお客様用です。あまり大事にし過ぎて、折角の香りが無くならないように気を付けなくてはいけません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 19:31
リレーレッスン
 今年も、リレーレッスンを行いました。それぞれ自分より進度の進んだ生徒のレッスンを見学して、そして見学されるというシステムです。  あまりにも高度な事をしている年長の生徒を見て、目がクルクルしていた生徒、見学している生徒の存在で、いつもより、ドキドキしながら真面目に取り組んだ生徒。皆にとって、良い刺激になれば嬉しいです。  私も、一年ぶりに、それぞれの成長が確認できる有意義な時間を過ごせました。そして毎回、送り迎えをして下さる保護者の方、ありがとうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/20 19:50
ケースフェアのご案内
 梅雨と言えば「ケースフェア」です。プレゼントも、雨の季節にふさわしいものをご用意しました。皆様のご来店をお待ちしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 20:03
6月の営業について。
 祝日が無い6月ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 20:04
良縁、求む。
条件 1.本気で付き合う方 2.2〜3年で飽きず、他に目移りせず、長い年月、共に過ごしてくださる方 3.酒を飲まない方 4.釣った魚にも、きちんと餌を下さる方 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 09:20
友情
友情  元気になって行けます様に・・と願いを込めて、一月に前売りで買っていた美術展。やっと行って来ました。 マティスとルオー、ギュスタ―ヴ・モローの元で学んだ二人の友情が軸になっていました。 個性を伸ばすことを大事にしていたモローの門下でも、20代の頃は、モローの影響を強く感じます。年を重ねるにしたがって、それぞれの個性が出てくるようになっていく様子を、二人の間で交わされた書簡を読みながら、追いかけて行ける楽しくもあり、寂しさも感じる展覧会でした。  最近は、図録を手に入れていませんでしたが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 20:17
今日の店
 連休中ですが、日曜営業の当店に、お客様が来られました。ずっと前の私達家族を思い出しました。明日も、いつも通り営業です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/07 16:38
一足早く。
 連休中、お仕事をされていた方も多いと思います。土曜、日曜とお休みが続く方もおられるでしょう。 当店は、明日から平常通り営業いたします。レッスンも再開です。皆さんのご来店をお待ちしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 21:51
感性の違い
 一年以上前に始めた事が、もうじき仕上がろうとしています。この段階になって、問題が出てきました。 関わった人の一人に連絡すると「それぐらいで、あなたの名誉には関わりませんよ」との事。  美意識が問われることだと思っていた私はこんなに感覚のずれのある人だったのかと愕然としました。一年間、無駄にしたようです。楽器の調整、販売、生徒と会っている時に、名誉などと考えた事がない私達にとって、この違いは、受け入れがたいものです。  気持ちを切り替えて、丁寧に仕上げて、良いものを作りたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/03 10:44
今日の店
 連休中の日曜日、振り替えの生徒達のレッスンがありました。店の方にも、遠方の方のご予約が入ったりと、お休みならでは風景です。明日5月1日、レッスンはお休み、店は通常通りの営業です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/30 22:37
5月の営業について。
 例年より、肌寒く感じているのは私だけでしょうか?体調に気をつけて、乗り切りたい季節です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 19:45
無伴奏作品のレッスン(柴田由貴)
娘の柴田由貴は、イザイ、バッハ、パガニーニの無伴奏作品を機会あるごとに弾いています。ヴァイオリンは、アンサンブルで楽しむことも魅力的ですが、一人で楽しめる無伴奏作品も魅力的です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 21:19
最近の店
進級、進学、就職・・・環境の変わることが多い4月。懐かしい方達が、楽器調整、サイズ変更の楽器の買い替えに来られています。  新しい生活に向けて、緊張や期待が入り混じっている事でしょう。そんな時は、音楽が役に立つかもしれません。いつもと同じ楽器で、いつもの音楽。変わらないものがある生活が支えになる時も有るはずです。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/11 19:48
初志貫徹
 朝、テレビニュースを見ていると、懐かしい顔が映りました。 今から、20年くらい前、一人の高校生がお母様とヴァイオリンセットを求めて来店されました。  初めから、「ここでは決まらないかもしれません、他のお店も見たいと思っています」と言って下さっていたので、心づもりは出来ていました。  ご予算に合った楽器を数本試奏され、一応、気に入ったものを選ばれました。「僕たちは、もう一軒、見に行こうと思っているのですが、どう思われますか?」と彼。「気が済まれるのなら、そうされた方が良いと思いますが、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 13:45
19時からのレッスン
阪急石橋駅西出口、徒歩2分の場所で、お仕事帰りに、受講していただける柴田由貴のヴァイオリンレッスンの案内です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/03 16:40
春休み特別レッスン
 春休みを利用して、娘のレッスンを、希望された私の生徒達が受けています。夏休みに行うコンサートを目指した少し背伸びのレッスンではなく、通常レッスンでしている事の見直しです。違う人に習うと、癖も、早く直ったりして効き目も抜群です。  娘のレッスンを見学していると、面白い発見が、沢山あります。彼女がパリで、先生方から、聞いたり、見たりした、もう大昔に亡くなった偉大なヴァイオリニスト達のエピソードが、そこかしこに出てきて、今も生きているような錯覚を覚えます。当たり前ですが、時間は、ずっと繋がって流れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/29 20:12
4月の営業について。
 新年度です。今月こそ、落ち着いて過ごしたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/28 19:41
技術ではなく。
 オーディションを兼ねたコンサートを聴きました。皆さん、素晴らしい演奏でしたが、傷ついた疲れた心の人に染み入るような音楽には出会えませんでした。  審査員の方も講評で目に見えない、測ることのできないことが大事と話されました。 社会的な立場、学歴やコンクール歴などは関係ない、嘘偽りない人の純粋に音楽への愛情に満ちた演奏に出会いたいものです。  昔にある発表会で、80歳を越えた方が、一音一音かみしめる様にゆっくり奏でられた「メヌエット」が、今でも忘れられません。心を表現するためには技術が必要か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 06:41
若き日のベートーヴェン
 3月20日、レ・ヌーヴォレ中津での「ベートーヴェン・ヴァイオリンとピアノのソナタ全曲演奏会第1回」が終わりました。ベートーヴェンが20代後半で作曲した第1番、第2番、第3番、30代の初めに作った第5番「春」の4曲。同年代の娘が演奏することは、少し興味深い事かもしれません。  4曲を通して聴くと、音楽室に飾ってあった厳めしい肖像画のベートーヴェンではなく、青春の香りが立ち込めている青年時代の彼の心を覗いたような気持ちになりました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 20:20
京都
 他府県ナンバーの車で混み合う中、父の法事で京都へ出かけました。 アルコール依存症のため、49歳で亡くなった父の37回忌。自分の人生も家族の人生も狂わせるアルコールの怖さは、今も忘れることが出来ません。故人の好きだったものをお供えするのが一番ですが、酒を供える事に気は進まないものです。皆で、酒を飲まなかった時は優しかった父との楽しかった思い出に花が咲きました。幸せに時間もあったんだね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 21:59

続きを見る

トップへ

月別リンク

弦楽器クレール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる